弁護士と顧問契約

日頃企業主さんの多くがお世話になっている、弁護士さん。様々な場面で弁護士さんは重宝されているかと思いますが、そんな弁護士さんを、顧問契約して傍に置いておきたいと考えている企業主さんも多いのではないでしょうか?

弁護士の中には、日頃お世話になっている企業と徐々に信頼関係を結び、いずれは顧問契約までこぎつけたいと考えている方は実は少なくありません。(弁護士サイドからいうことはほとんどありませんので、企業主から言われるのを待っている方が多いでしょう。)その理由は、顧問弁護士の方が給料が安定してよく、法律事務所などに所属しているよりも、美味しい仕事が多いからという点が挙げられます。

もちろん人によって得意分野がありますので、企業法務などよりも他の仕事をメインにやりたいと考えている弁護士さんもいます。そういった方にお誘いをしてもお断りをされてしまうこともありますが、お断りをされても、お互いの信頼関係は変わりませんので、今後もお付き合いをしていきたいものですね。

そんな企業の法律のエキスパートである顧問弁護士ですが、なりたいと考えている方は多いため、基本的に企業側から誘えば、OKを出す方が多いと言えるでしょう。企業サイドの方は、顧問弁護士として雇いたいと考えている弁護士さんがいれば、他の企業の方に取られてしまう前に、早めにダメもとで声をかけてみることをお勧めします。優秀な弁護士さんの場合は、特にそれが言えるでしょう。