顧問契約のデメリット

このように、顧問契約を行う際には何かとメリットがあることがわかりましたが、残念ながら、企業によっては反対に、顧問弁護士を雇ってしまうとデメリットになるという場合がありますので、弁護士を顧問弁護士として雇う際には、注意が必要だと言えるでしょう。

まず弁護士で雇っていた際は、基本的に歩合制で雇っていることが多いかと思いますが、顧問弁護士になると月給制などの固定給になりますので、仕事量が少ないにも関わらず雇ってしまうと、コスト面で損をしてしまう可能性があります。確かに万が一の備えとなるのは間違いありませんが、残念ながら万が一は滅多に来るものではありませんので、その際に弁護士として雇った方が、懸命と言えるケースもあるでしょう。

次に、弁護士で雇っていた時に比べ、顧問弁護士になると、堕落してしまう方もいるという点です。こちらは人柄によって異なりますので絶対ではありませんが、人によっては、顧問弁護士になったことで妙な安心感が出来てしまい、仕事が適当になってしまうような方もいるということですので、人選には注意が必要だと言えるでしょう。このように、顧問弁護士を雇う際にもいくつかデメリットがありますので、注意が必要です。