企業の規模で依頼を判断

普段お世話になっている弁護士さんを顧問弁護士にするか、それとも今まで通り、弁護士として仕事を振るのかどうか、悩んでいる企業主さんは多くいるかと思います。

そんな時に考えてほしいのが、企業の規模や企業の仕事内容です。弁護士さんを顧問弁護士として雇いあげるほど、法律的仕事は多いのかどうか、毎回任せる仕事があるのかどうか、弁護士にとっても企業にとってもお得な契約になるのかどうかなど、様々な面を考慮したうえで弁護士さんと契約を結ばないと、どちらも報われない状況になりかねません。

判断する際に非常に重要なのが、企業の規模を踏まえたうえで考えるということ。どんなに信頼がおける、常に手元に置いておきたい優秀な弁護士だとしても、企業規模によっては、顧問弁護士にしてしまったら、余分なお金を支払うことになりかねませんので、その都度仕事を振った方が良いと言えるでしょう。

このように、顧問弁護士は雇えば良いというわけではありませんので、本当に企業によって必要かどうか、わざわざ顧問弁護士として雇う必要があるのかどうかをトータルで見て判断し、場合によっては、客観的に見て、判断を変更しないといけない時もあると言えるでしょう。